東芝出身の社内起業家とキャピタリストが、新規事業を語る

社内起業家のまなび場 Vol.1 イベントレポート 2021/6/11

こんにちは、Beyond Next Venturesです。
私たちは、研究シーズの事業化を支援するアクセラレーターです。

今回は当社の提供する、次世代リーダー育成の取り組み、まなび場シリーズの中で、企業内の起業家の卵を応援する「社内起業家のまなび場」のイベント開催レポートをお送りします。

今回は、東芝出身の社内起業家である コエステ株式会社 執行役員の 金子祐紀様と、同じく東芝出身の当社キャピタリスト 金丸による、パネルがメインセッションとして行われました。

第1部:パネル「大手企業R&Dからの新規事業創出」

金子様は、東芝の社内でテレビ製品と関連した新しいサービスの企画推進や、スマートグラスの新規事業準備なども体験され、その後に現在のエイベックスとの合弁事業であるコエステに事業立ち上げから関わられています。
※ごくごく1部のやり取りだけ公開させていただきます。

R&Dから事業を生み出すことの留意点は?

新規事業の教科書には、「シーズドリブンはダメですよ」、「ニーズドリブンでいきましょう」と書いてあります。確かにそのとおりで、基本的にはそこを意識して事業を進めるべきだと思います。
でも僕は毎回敢えてそのようにしないんです。

その理由は、ニーズドリブンでいくと、”トンデモナイもの”ができないんからです。それがシーズドリブンで事業を創るとありえるんです。

でもなんでシーズドリブンがダメと言われるかというと、最後(モノを創るところまで)できちゃうんですよ。開発が進んで、事業が最後までつくれた段階で、実はニーズがなかったと気づくと。

ニーズドリブンだと、ニーズはあるけれど、実現できないとわかった段階でプロジェクトは止まります。

シーズドリブンは、トンデモナイものを出せることが強み。だからこそ、事業アイディアを早い段階でオープンにして、ニーズに対しての検証をすることが重要です。

社内起業家が事業を進めるためのポイントは?

通常の起業であれば、1人でも味方(資金を出してくれる方)を見つければ事業を進めることができますが、大企業の中の新規事業は、意思決定に関わる全員がOKをしてくれないと進めることができません。

そんな環境で事業をすすめる一つのポイントは、外部の声を味方につけるということです。どれだけ優れた事業であっても、社内からは様々な角度で、不安の声はあがるもの。
そんな時に、「既に100社の見込み顧客がいて、このサービスを使いたいと言っている」とか、外部からの評価の声が風となって、自分たちのプランを社内で納得してもらう上で、強い後押しになります。

*******************************

その他、参加者様からは、「社内に新規事業を評価する軸がない場合に、どのように進めたらいいのか(進めたのか?)」というご質問も頂きました。

このまなび場の1つのテーマでもありますが、まさに、”社内では初”で、事例がない中で新規事業を進めることの難しさを感じます。これを横のつながりと知見で打破することが、会の目的の一つです。

【関連リンク】
何度も挫折を乗り越えて「声」に辿りついたコエステ金子氏 — 東芝から合弁会社を立ち上げ

第2部:電動モビリティ紹介「メルカリ R4D poimo」

メルカリ社の研究機関 R4Dにて実用化に向けて研究を進めておられる電動モビリティ「poimo」のご案内を頂きました。本セッションは、機密性が高いため内容の掲載は控えさせていただきます。関連動画・記事がございますのでご覧ください。

【関連リンク】
mercari R4Dと東大が取り組む、空気でふくらみ、持ち運べるモビリティ「poimo」

現在poimoの活用でご一緒頂ける企業様を求めており、今後個人の方(電気系・制御系エンジニアの方)にもご協力を求める予定です。ご興味お持ちの方はイベント運営までご一報ください。おつなぎ申し上げます。

以上、1部・2部のコンテンツを約30名の社内起業家の方々と共に過ごさせて頂きました🔥あっという間の90分が過ぎていきました。

今回は、参加者の交流タイムはございませんでしたが、COVIDが落ち着いてまいりましたら、リアル開催&交流も実施できればと考えております。ぜひ引き続き、本勉強会にご注目ください!

社内起業家のまなび場について

社内起業家のまなび場は、四半期に1回開催を予定しています。次回開催は決まり次第公式ページにてお知らせ申し上げます。

https://talent.beyondnextventures.com/manabiba

イベントへの参加をご希望の社内起業家(将来目指している方も歓迎です)や、本イベントで新規事業の紹介をされたい方(意見を求めたい、協力を求めたい方)は、こちらのメールまでご連絡ください。

記事作成日:2021.6.14